« [アールズ・ギア] ワイバンリアルスペック for MT-09 | トップページ | [SP忠男] パワーボックス for MT-09/TRACER MT-07 »

2015年8月13日 (木)

[アールズ・ギア] ワイバン リアルスペック for MT-09 トレーサー

ピュアスポーツ・オブ・マウンテンロード

Rsgearmt09tracer_2

MT-09トレーサーを目の当たりにすると、つい思い出してしまうのが1991年にデビューしたヤマハ・TDM850です。快適なライディングポジションと悪路をものともしないロングストロークサスペンション、快活なエンジン、程よいスポーツ性。そのコンセプトは「キング・オブ・マウンテンロード」という言葉に集約されていました。

ビッグマシン』2015年9月号でお伝えしたアールズ・ギアのMT-09トレーサーは、そんな初代TDM850以上に衝撃的なバイクかもしれません。

MT-09と共用で開発されたワイバン リアルスペック Single Typeが、トレーサーを生まれ変わらせてしまったからです。

「共用」と言ってもMT-09とは出力特性が異なり、トレーサーは絶妙な(ま)を持って応えてくれるキャラクター。それが、加減速に伴ってたゆたうように大きくゆったり前後に車体を動かすトレーサーのリズムにピタリと合っています。

Rsgearmt09tracer4 STD/A/Bの3モードを試すと、これはもう圧倒的に「A」モードの出来が素晴らしい。これ以外は使いたくなくなるほど官能的です。

駆動力の掛け方も、エンジンブレーキの加減も、車体の姿勢も、曲がり方も右手でコントロールできてしまう。しかも、すべてのフィーリングが超上質ですから、すっかりハートを鷲づかみにされました。

ピッチングモーションを活かして操るのが大好きな、ベテランライダーさんだったら、同じ気持ちになるはずです。

それにしても、これほど操るのが面白いバイクには乗ったことがありません。この楽しさをどう表現しようかと考えていて思いついたのが、「ピュアスポーツ・オブ・マウンテンロード」です。

パニアケースを付けて、やまなみハイウェイ(阿蘇)や四国カルスト、ビーナスライン(信州)、磐梯吾妻スカイラインあたりを疾走したら、ニヤニヤしっぱなしで、ヨダレがとまらないはずです。

その意味では、ソロまたはタンデムで、あるいはペースの合う限られた仲間とだけで、サクッとピュアなスポーツツーリングを楽しむ。そんな遊び方が最高です。

猫足と呼ばれた‘98~’01年型YZF-R1が好きだった方なら、この面白さの虜になってしまうこと請け合いです。

ワイバン リアルスペック Single Type for MT-09
 オールチタン 3in1集合 JMCA認定・政府認証品(車検対応)
 最高出力 4.8psアップ 最大トルク0.1kg-mアップ
 マフラーを装着したままエンジンオイル&フィルターを交換可能
 センタースタンド対応
 ※純正パニアケースを装着するときは、同梱の専用ステーを使用。
◎チタンサイレンサー=20万8440円(8%税込)
◎チタンドラッグブルーサイレンサー=21万3800円(8%税込)

↓試乗実況レポートはこちらです。

« [アールズ・ギア] ワイバンリアルスペック for MT-09 | トップページ | [SP忠男] パワーボックス for MT-09/TRACER MT-07 »

カスタムパーツ」カテゴリの記事

マフラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521260/62074623

この記事へのトラックバック一覧です: [アールズ・ギア] ワイバン リアルスペック for MT-09 トレーサー:

« [アールズ・ギア] ワイバンリアルスペック for MT-09 | トップページ | [SP忠男] パワーボックス for MT-09/TRACER MT-07 »

twitter…BMkaji

Google AdSense

Google AdSense (link)

Books from Amazon

お手伝いしています