« カスタムMT-09 by HURRICANE | トップページ | [アールズ・ギア] ワイバンリアルスペック for MT-09 »

2015年8月13日 (木)

[アールズ・ギア] ワイバン リアルスペック for MT-07

ほしいものが“ぜんぶ”入り

Rsgearmt07_2

アールズ・ギアの新作、MT-07用のワイバン リアルスペックに試乗してきました(詳細はビッグマシン・2015年9月号をご参照ください)。

エンジンを掛けてまず感じたのは、抑えられた音量の中にもうごめくようなフィーリングがあること。マシンというよりも、相棒と呼びたくなるような印象で、MT-07に親しみが湧きます。

走り始めるとなんともいえない気持ちよさに包まれます。特に3000~4000rpmが美味。海沿いや森の中を、クルマの流れに乗ってクルージングしているだけで、日頃たまった体のコリがほぐれていくかのようです。

これだけでも十分に投資した価値があると思いますが、やっぱり6000~8000rpmダイナミックさをお伝えしないわけにはいきません。この領域はスロットルを開ける速さと大きさで駆動力を自在にコントロールでき、右手で操る感触がありあり。これこそスポーツツインを駆る喜びと言えましょう。

もし、これまでに「直4」しか乗ったことがないなら、意識的にスロットルの開け方や閉じ方を変えて、ツインらしさを引き出すスロットルワークを探してみてください。直4と違って、トルクの質(柔らかいとかたくましいとか)や大きさ、エンジンブレーキのフィーリングが、右手と直結していることを実感したら、ツインから離れられなくなるかもしれませんよ。

もうひとつうれしかったのは9000~10000rpmにかけて、ひと伸びすること。最後にビュッと弾けてくれるので使い切った実感があって、満足感もひとしおです。

このように出力特性も排気音も表情が豊かで、ほしいものがすべて詰まっているのがアールズギア・ワイバン リアルスペック。

試乗時点では価格設定中でしたが、まぁいつもの価格帯に収まるでしょうから、多くの方に安心しておすすめできます。もちろん車検対応。この美しさも、ずっと続きます。

Rsgearmt07_3_2

個人的には、1枚もののシートから成型したという、サイレンサーエンドのドライカーボンピースの、なまめかしい織り模様も推したいところです。

今回は試乗実況レポートを作ってみたので、こちらもお楽しみください。

« カスタムMT-09 by HURRICANE | トップページ | [アールズ・ギア] ワイバンリアルスペック for MT-09 »

カスタムパーツ」カテゴリの記事

マフラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521260/62073192

この記事へのトラックバック一覧です: [アールズ・ギア] ワイバン リアルスペック for MT-07:

« カスタムMT-09 by HURRICANE | トップページ | [アールズ・ギア] ワイバンリアルスペック for MT-09 »

twitter…BMkaji

Google AdSense

Google AdSense (link)

Books from Amazon

お手伝いしています