« 一気に823.9km | トップページ | エアレース初観戦 ― 日本初だからこそ »

2015年5月17日 (日)

疲れない秘密

四国から帰った途端に『ビッグマシン』の締切で徹夜を繰り返し、某社のホームページ制作でまた徹夜。気が付いたらアッという間に10日間が過ぎていました。

こういうときって、本当に「根を詰めて」やっているので、ブログやfacebookを更新する心のゆとりがなくなるんです。しいという字は、心を亡くすと書くわけで……まさしく、その通りの状態になっています f(^^;

さて、そんな生活が続いているのに、パッと「1日800km以上走っても元気なのはなぜか?」という、前回の記事の答えをお伝えしておきましょう。

①バイクが100km/h巡航向き

ライテクの不安がなく、精神的なブレーキ(スピードが怖いとか、違反点数が…とか)もかかっていなければ、誰もが自然とそのバイク固有「気持ちのいい速度」で走り続けるものです。

欧州車の多く、特にハイスピードツアラーはこれが160km/hくらいに設定されているため、プロペラマークをつけたバイクはおしなべてビューンと追い抜いて行きますよね。自然体で走っていると、ああなっちゃうんです。

その点、僕がK2バイクトラベルに出かけるときに乗っていく教習車は、100km/h巡航がいちばん気持ちのいい特性。だから「白いバイク」や「白×黒のクルマ」に叱られることもなく(笑)、走行風もきつくなく、燃費もすごくいい状態で、たんたんと走り続けらます。

つねに「気持ちいなぁ」という感覚に包まれているので、飽きることもありません。スマホに入れてあるお気に入りの音楽をインカム経由で聞きながら走るのも効果的。音楽って、かなり気分をコントロールしてくれますからね。

こうして、ウサギとカメの話のように、僕をバキューンと抜いて行ったバイクと300km先のSA出会うこともしばしばです。刺激的に走って十分に休む「緩急をつけたツーリングスタイル」もいいでしょうし、ヒタヒタと気持ちよく走り続けるツーリングスタイルもいいでしょう。実はそれを決めるのは、ライダーの性質いうよりも、どんなバイクに乗るかのほうだと思います。

だって、K2教習車ではのんびり系の僕も、仕事で違うバイクに乗ると走り方が変わっちゃいますからね。まぁ、それは「素直にバイクの声を聞いて、その声をみなさんにお伝えしたい」と思っているからでもありますが……。

②呼吸の仕方

かれこれ10年以上、気功を続けていることから、僕は独自の呼吸法が身に付いています。最近は「丹田呼吸」などと呼ばれるものに、よく似たスタイルです。

バイクに乗っているときだけでなく、日常生活も、僕はほぼこれオンリー。心身の健康維持に大きな効果があると思いますので、みなさんもいろいろ試して、自分にベストな呼吸法を見つけてください。

ちなみに僕の師匠のひとりは、胸式呼吸は獣の呼吸。獲物を捕らえるときに、体温を下げるための呼吸法だと言って、感じたり考えたり創造的でいたりするときはには避けるようにすすめています。

ライディングって創造的ですから、ゆったりキレイに呼吸するのがいいのではないかと、個人的には思っています。

③走行中によく動きましょ

ビンに砂を詰めて振動を加えると、砂が詰まって高さが下がりますよね。乗り物に乗っているときは、背骨にもこれと似たようなことが起こっていると言われます。
それに、筋肉は動かさないでいると固まってしまい、固まったことにも気付きにくいという性質があるそうです。

この2つのこわばりを解消するために、僕は走りながらよく動いています。

なんとなく体が固まってきたら、前傾したり、腰をひいたり。リーンアウト気味にしたり、リーンイン気味にしたり。こうすると柔軟性が戻ってきて、体が楽になります。スタンディングする(ステップの上に立ち上がる)のもいいですね。頭がスッキリする効果も大きいです。

ちなみに、長めに休憩した後は、軽く跳躍してからバイクにまたがると、意識がはっきりして漫然運転を防げます。
長くなったので、食事の仕方は、機会を改めまして……。
支度して、K2バイクトラベルの早朝ワインディングツアーに行ってきます♪

« 一気に823.9km | トップページ | エアレース初観戦 ― 日本初だからこそ »

プライベート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521260/61600753

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れない秘密:

« 一気に823.9km | トップページ | エアレース初観戦 ― 日本初だからこそ »

twitter…BMkaji

Google AdSense

Google AdSense (link)

Books from Amazon

お手伝いしています